ご利用案内

  • ごあいさつ
  • 活動指針
  • 活動報告
  • メンバー紹介
  • お問い合わせ
  • 関連施設

活動指針


YMG基本理念
【 良質で信頼される医療・介護、関連サービスの提供による社会への貢献 】

2019年度目標
1.茨城リハビリテーション看護部の組織改革
  (看護部求人に向けての外部への営業、看護関連団体への挨拶)
  YMG関連施設の機能理解と連携・交流
2.医療・介護サービス提供に伴う看護部の質向上
  (接遇:ケアメソッド導入、次世代幹部育成、介護キャリアアップ支援等)
3.職場環境の整理整頓、離職防止、働き方改革の支援

2019年 部長会メンバー




2018年度目標

1.茨城リハビリテーション看護部の組織改革 (看護部求人に向けて
の外部への営業、看護関連団体への挨拶)、YMG関連施設の機能
理解と連携・交流

2.医療・介護サービス提供に伴う看護部の質向上(接遇:ケアメソッド
導入、次世代幹部育成、介護キャリアアップ支援等)

3.職場環境の整理整頓、離職防止、働き方改革の支援


2018年 部長会メンバー


花

2017年度目標

1.源守会看護部・介護職へYMGの理解と交流を行い、
介護職キャリア支援を実施していきます。

2.医療・介護サービス安全の意識を高め、各施設間の
情報共有を密にしていきます。

3.次世代幹部の育成・現任教育の看護、介護キャリア
アップを支援し、離職防止に努めていきます。

4.YMG全施設での笑顔と礼節を実践していきます。

2017年 部長会メンバー

2016年度目標

1.次世代幹部の育成、現任教育の充実と介護職員のキャリアアップ
支援をしていきます。

2.地域包括ケアの構築、病院と在宅・地域、施設ケアによる多職種
との情報を共有していきます。

3.5S活動の推進と医療・介護安全の意識を高めていきます。


2016年 部長会メンバー
 

2015年度目標

1.かわさき記念病院の早期安定に向けた支援をしていきます。

2.次世代幹部の育成、現任教育の充実と介護職員のキャリア
アップ支援をしていきます。

3.地域包括ケアの構築、病院と在宅・地域、施設ケアによる
多職種との情報を共有していきます。

4.5S活動の推進と医療・介護安全の意識を高めていきます。
   
2015年 部長会メンバー


2014年度目標

1.看護部 新卒者離職率 10%、全体の離職率 12%を
目指していきます。

2.病院・施設・在宅・地域間の情報を共有し、円滑な業
務運営をしていきます。

3.次世代の幹部育成のための教育と、病院・施設間の
交流を図っていきます。

   
2014年 部長会メンバー

2013年度目標

1.看護部 新卒者離職率 10%、全体の離職率 12%を目指していきます。

2.病院・施設・在宅・地域間の情報を共有し、円滑な業務運営をしていきます。

3.新規事業(かわさき記念病院)の看護職人材確保の活動を実施していきます。

4.次世代の幹部育成のための教育と、病院・施設間の交流を図っていきます。


2013年 部長会メンバー

2013年に新しく部長会に入られた
大倉山記念病院
看護部長 古屋 節子 氏

(後列、向かって左)
かわさき記念病院 開設準備室
看護部長 藤原 千賀子 氏

(前列、中央向かって左側)

2012年度目標

1.看護部 新卒者離職率 7%、全体の離職率 10%を目指していきます。

2.病院・施設・在宅・地域間の情報を共有し、円滑な業務運営をしていきます。

3.新規事業の看護職人材確保の活動を実施していきます。


4.次世代の幹部育成のための教育と、病院・施設間の交流を図っていきます。


2012年 部長会メンバー

2012年に新しく部長会に入られた
諏訪福祉会 かりんの里
療養部長 渡辺 邦子 氏

(前列、向かって左)
 

2011年度目標

YMG看護部は、法人の理念に基づき患者・利用者さまの人権を尊重し、
専門職として心豊かな感性を持ち、安全で安心な看護・介護サービスを
提供します。


1.働きやすい魅力ある職場環境を整え、離職防止を図り、他施設、
他部門との連携協力を支援します。

2.専門職の高い倫理観・使命・責務に基づき、実践力・行動力など、
自律した役割遂行できる人材の育成と活用をします。

3.教育研修を充実させ、リスク感性を育て、安全を守るための専門
職としての自覚を高め、能力開発に努めます。

4.病院、施設間の情報を共有し、スムーズなベッド稼働の目標達成を推進します。

2011年 部長会メンバー

2010年度目標

1.組織目標の達成
法人目標設定・目標管理の実施、組織として役割認識の高い管理職の育成をします。

2.現任教育の充実
(看護介護ケアの質の向上)
専門職として、自己研鑽でき組織に貢献できる人材の育成をします。積極性、協調性、決断力、問題解決能力を身につける
管理職を育成します。

3.看護業務改善
施設・病院間の情報を共有し円滑なベッド稼働目標達成を推進します。

2010年 部長会メンバー

2010年に新しく部長会に入られた
大倉山記念病院
看護部長 細間 真由美氏
と(前列、向かって右)
菊名記念クリニック
副看護部長 山内 美智子氏

(前列、向かって左から2番目)

2009年度目標

1.ベッド稼働率目標値の達成

2.組織に応じた教育訓練を実施し、
人材の育成(管理者)を図り、
看護・介護サービスの質の向上

3.看護・介護職の離職防止と定着

4.病院、施設間連携の支援

2009年 部長会メンバー部長会メンバー 写真
花